VAKモデルとは


VAKモデルとはNLP(神経言語プログラミング)の中で使われている用語です。

NLPは欧米を中心に広がった心理学の一種で、現在は世界中でビジネス、スポーツ、政治や教育の分野で利用されています。

NLPにおけるVAKモデルとはコミュニケーションのギャップを生み出しているものを明らかにしコミュニケーションを円滑化するモデルシステムのことを指します。VAKのVは視覚(visual)・Aは聴覚(auditory)・Kは身体感覚(kinestic)の頭文字を示しています。

人の持つ五感のうち、コミュニケーションに必要な代表的な3つの感覚を意識することで感覚を磨いていくのです。VAKモデルを他者に応用すればコミュニケーションを円滑にすることが可能となり、自分に応用することで学習効率を上げることが可能となります。

社員10名以下の社長さんはNLP受講は必須?!

どのスクールにあなたのお金を投資するべきか?ポイントを大公開!

NLPの主要スキルご紹介、受講前に知っておくと◎

NLP超丸わかり説明会

NLP2日間入門ベストコース

NLPプラクティショナーコース

NLPマスタープラクティショナーコース

満足返金保障

nlp超丸わかり説明会

ページ上部へ戻る